ケーブルライン電話

契約約款

「ケーブルライン」のお申込みにあたっては以下の資料を必ずご確認ください。

IP電話サービス契約約款(174KB)PDF

Adobe Reader

PDF版マニュアルを参照するには、AdobeReaderが必要です。
左のアイコンをクリックするとダウンロードページに進みます。

お申込み時のご注意

  • ケーブルラインは「ソフトバンクモバイルIP電話サービス契約約款」に基づきサービス提供されます。
  • ケーブルライン利用料金のご請求は、ケーブルステーション福岡のお支払いと一緒になります。
  • 停電時にはケーブルラインはご利用いただけません。お近くの公衆電話もしくは携帯電話をご利用ください。
  • ケーブルラインへ申し込まれた回線(番号)がソフトバンクモバイルもしくは他社の定額料金のかかる割引サービスにご加入していた場合、サービス提供の会社から定額料金のみ請求される恐れがあります。ご利用されていた場合は、ケーブルラインのお申込みとは別に、ソフトバンクモバイルおよび他社へご利用中の割引サービス解約のご連絡をお願いします。
  • ケーブルラインでは以下の着信課金サービスへの発信が可能です。 ソフトバンクモバイル株式会社、NTTコミュニケーションズ株式会社、KDDI株式会社、フュージョン・コミュニケーションズ株式会社、株式会社メディアの提供する着信課金サービス(0120・0800のみ)また、ケーブルラインは122(固定優先接続解除)のダイヤル有無に関わらず、ケーブルラインの通話となり、ケーブルラインの通話料金が適用されます。
    マイラインおよびマイラインプラスはご利用いただけません。
  • ケーブルラインでは以下の緊急特番への発信が可能です。
    110番(警察)、118番(海上保安)、119番(消防)
    ※なお、上記の緊急特番へ発信した場合、回線毎非通知設定であってもお客様の住所・氏名・電話番号を当該機関へ通知します。「184」を付加して緊急特番へ発信した場合は、当社は緊急通報受理機関にお客様の住所・氏名・電話番号を通知しませんが、当該機関が人の生命等に差し迫った危険があると判断した場合は当該機関からの照会に応じる場合があります。
  • ケーブルラインでは以下の3桁特番がご利用いただけます。
    104番(番号案内)、115番(電報受付)、117番(時報)、171番(災害用伝言ダイヤル)、
    177番(天気予報)、184番(発信者番号非通知)、186番(発信者番号通知)
  • ケーブルラインでは以下の発信はできません。
    100 102 106 107 108 112 113 114 116 121 123 124
    125 126 127 131 132 133 134 135 136 141 143 145
    146 149 151 152 159 161 162 163 164 165 166 167
    168 169 178 179 189              
    ※ソフトバンクモバイル以外の事業者識別番号(0077等)で始まるサービス。ソフトバンクモバイル以外の事業者識別番号をダイヤルした場合でも、ケーブルラインの通話となり、ケーブルラインの通話料金が適用されます(着信課金サービス等を除く)。
    ※分割課金サービス(0570の一部)、OCNアクセスポイント(0035)、テレゴング、ダイヤルQ2(0990)等の他社サービス。「0570」で始まる番号は、衛星放送(CS放送、BS放送の双方向サービスなど)や有料オンラインサービス(通信カラオケサービス、公営競技の在宅投票システムなど)等で利用されている場合があります。詳細につきましては、ご利用の各サービス提供会社へお問合せください。
  • 録さんパック
  • スマート7
  • 固定電話とお得なセット!!
  • auスマートバリュー
  • スマホBB割
ケーブルプラス電話とケーブルラインの比較